トップ>梅と月ヶ瀬

梅と月ヶ瀬

名勝月ヶ瀬梅渓資料展 パンフレット抜粋

月ヶ瀬と梅の出会いは、今から約800年前と言われています。梅の実から烏梅を作るようになり、江戸時代後期には約10万本以上の梅の木が植えられ、梅の名所として知られるようになりました。渓谷をはさんだ梅渓は大勢の文人墨客に讃えられ多くの著作品が出版されました。大正11年には奈良公園・兼六園に並び国の名勝指定を受けることになりました。